読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

街角の雑踏

好きなことを好きな角度から考えるばしょ

たまゆら ~もあぐれっしぶ~第8.5話沖縄聖地巡礼

アニメ

もう夏になってしまった。今回は所用で沖縄を訪れた際についでに行った、たまゆら巡礼の記録をまとめておきます。2期終了後に放送された8.5話として沖縄が一瞬だけ登場したのでそのシーンの元になった場所を探してきました。

 

 

たまゆら2期8.5話はBDの7巻目、OVAとして発売・公開された話で修学旅行回です。あらすじはこちら

第8.5話(OVA):『一日だけの修学旅行、なので』
 9月、楓たちは沖縄に修学旅行にやってきました。みんなでお土産物を見て盛り上がっている中、いつもより1つだけ足りないものがありました。それは、麻音が体調を崩して修学旅行に参加できなかったこと。 修学旅行から帰ってきて、楓たちは麻音のお見舞いにやってきました。留守番も楽しかったと気丈に振る舞う麻音でしたが、のりえは、麻音の修学旅行の想い出を描くためのスケッチブックを見つけてしまうのでした。そんな時、楓が1つの提案をします。それは、もう1度みんなで修学旅行にいくことでした。

たまゆら ~もあぐれっしぶ~

 

 

このように学校行事としての修学旅行は沖縄でしたが、その旅行自体に楓たち全員を参加させずに彼女たちだけの修学旅行をすることで物語を進展させる。なんともたまゆららしい話です。あらすじでも察しが付くように沖縄の描写はあくまで話の前座で、話の軸は彼女たちで行う瀬戸内での話になります。沖縄の描写はわずか背景5枚分であっという間に過ぎ去ってしまいます。潔いですね。この5枚分のカットは作中で重要なシーンとして使用されているわけではなく、OVAということも相まって印象に残っている方は少ないかと思いますが、5ヶ所ともどの場所が視聴段階で特定できたのでとりあえず記事にまとめておこうと思った次第です。画角等含めて完全一致はしていないので場所の参考までにどうぞ。

 

1枚目

f:id:johnkrmt:20160716132417j:plain

首里城ですね。残念ながらここだけは時間の都合上行けなかったのですが、定番の観光地で特定しやすいかと思います。有料の公園として整備されていて入場できる時間に制限があるので訪れる際は注意が必要です。建物部分は1992年に復元されたもので今も少しずつ復元され続けていますが、歴史資料館として内部に見学コースが整備されています。たまゆら沖縄シーンの1枚目に出たこともあり、地域性を分かりやすく描写できる場所です。沖縄に行く際は1度は訪れてみても良いかもしれません。

 

oki-park.jp

 

 

2枚目

f:id:johnkrmt:20160716132418j:plain

 f:id:johnkrmt:20160716132414j:plain

 f:id:johnkrmt:20160716132413j:plain

 2枚目は歩道上にゴーヤー型のベンチが目印ですが、この風景そのものはありません。このベンチは国際通りの土産物店がお店の軒先に、お店を背景として設置しているもので、たまゆらではそのベンチを車道側に移動させて描写されています。ゴーヤーに矢吹丈が座っており、観光客向けのちょっとした撮影スポットとして利用されています。ベンチはお店のもので勝手に移動することはできないため、場所の特定はしやすいのですが、完全再現はできず残念です。

 

 ベンチが設置されている土産物店

koosya.co.jp

 

3枚目

f:id:johnkrmt:20160716132419j:plain

 f:id:johnkrmt:20160716132411j:plain

 

国際通り入口にあるシーサーが目印です。2枚目以降は全て国際通りの描写ですが、放送当時からはだいぶ建物が変わってきています。探訪はお早めに。

 

 

4枚目

f:id:johnkrmt:20160716132420j:plain

 f:id:johnkrmt:20160716132412j:plain

 ぽってが唯一登場する第三者視点の構図。前後のシーンから国際通りであることは簡単に推測できますが、特定の手がかりとなったのはかおるちゃんの後方にある赤縁黄色地の袖看板。これは沖縄の焼菓子、ちんすこうを販売している「新垣ちんすこう本舗」のコーポレートカラーです。「新垣ちんすこう本舗」は国際通りに2店舗あり、たまゆらで使用されたのは国際通り牧志店のほうでした。私は再現できていませんが、構図を再現するには国際通りの西方面を向いて、国際通り牧志店から少し離れた所から望遠で撮る必要があるかと思います。軒先のテントが張られていないようにしたり、人が写り込まないようにするには早朝に撮影に向かうのが良いかもしれません。

 

chinsuko.co.jp

  

 

5枚目

f:id:johnkrmt:20160716132421j:plain

  特徴的なこのお店も先ほどのゴーヤーのベンチがある土産物店です。ところが今では改装されており放送当時の面影は無くなっています。Googleストリートビューで2010年8月当時の様子が確認できます。

 

(上:2010年8月、下:2015年12月)

 

放送からだいぶ日が経っていることもあり、再現できる場所が少なくなりつつあります。記事冒頭で申し上げましたが、作品中の重要性も低く、沖縄に訪れたついでに、といった程度で場面を探してみるとよい暇つぶしになるでしょう。それでは。